その3・・・ヒントをくれた人達(1)


僕の構想の英会話コミュニティサロンに異を唱える人はそれまでいませんでした。
何せやる気マンマンなので、「なるほどぉ、頑張ってねぇ」としか言えないのでしょうか。そもそも、他人が何か頑張ってやろうとしている事に関しては、人はあまりネガティブな事を例え思っていても言ってくれません。言った所で猛反発を食らって嫌われる可能性があるからでしょうか。世の中はポジティブが良しとされているからでしょうか。

 

その頃遅まきながら、毎週末の商工会議所かなんかが主催している起業セミナーに通っていました。数か月(半年?)くらいのセミナーでした。
そのセミナーも終わりを迎える頃、僕の起業内容を題材として、他の方々の意見を聞くと言う授業となりました。
参加されたほかの方々は、まだそれほど具体的な事業プランがある訳ではない、または既に始めている人のようでした。本来自分の思い込みだけでなく、他の方の意見を聞こうと言う趣旨の授業だったと思います。
しかし、僕の事業プランは完璧です。大概の質問には答えを準備していましたし、ほとんどの方々はケチをつける事はなく、ただ単に内容に関する質問ばかりでした。
その中で1人だけ僕とは違った意見を述べてくれる方がいました。

*

その人はHさんと言います。Hさんは、僕以外に唯一間近に起業を計画されている方で、もう定年近い年齢らしいです。非常に落ち着いた物言いで、技術者らしい喋り方と伏せた視線。その方の事業は僕とは全く違っていて、ご自分の特許出願しているアイデアを事業化すると言った形です。歯ブラシのアイデアに基づく製造業らしいです。とにかくとても頭の良い人に見えました。

「どうも、矢田さんのお考えになっている資金計画に無理を感じます」

Hさんは僕の融資を受けて行う事業に関しての意見を言われました。創業に融資を受けるのは、普通の事です。「そこまでしなくても、何処かの喫茶店の場所を使って、そこへお客さんを連れてきてあげると言う形で営業されたらどうですか?そうすれば場所代などが掛かりません」
と言われました。

確かにそんな場所があれば、使わせてもらいたいですが、僕のコンセプトは「気軽に安く英会話の実践」と言う事なので、駅から近い便利な場所になければなりません。そんな所で場所を独占的に使わせてもらう事ができるだろうか。発表の場から席に戻ってからもHさんとの話は続きました。
多分Hさんの思ってるのは町外れの古びた喫茶店のような所ではと思いました。駅近辺である場所を占有するには、かなりのお金を払う必要があるだろう事が想像されました。
さらにお客さんを連れて来るって事はコーヒーの一杯でも注文しなければならないので、その分単価が上がってしまいます。1時間1000円が相場の英会話喫茶で、400円コーヒー代だと、600円で営業しなければなりません。これは外国人テーブルホストの給料を考えると無理です。
さらにしかもそこで、レッスンやパーティーなど自由に出来るとは思えません。あまりに僕のやりたい事から離れてしまうし、横浜駅近くで、そんな都合の良い喫茶店があるとは思えませんでした。様々なマイナス要因が頭に浮かび、僕の常識は即座にそのアイディアを却下しました。 その時間Hさんと問答をしている内、その日の授業時間が終了しました。

「場所を変えてお話しませんか?」Hさんは帰り僕を喫茶店に誘って、言わんとしている事を伝えてくれました。

*

時間にしたら4時間ほどだったでしょうか。たった一杯のコーヒーで、長い討論となりました。
その中ではHさんの起業に対する僕の意見もかなりぶつけたと思います。歯ブラシに特許的なアイデアを持っているHさんは歯医者さんに売り込む事で個人創業を成功させる目論見があるようです。
全国に6万の歯医者さんがあるそうです。そこに2本づつのサンプルを送って、テレビCMをかける事により爆発的な広がりを見せると言うのがHさんの計画でした。

「でも12万本の歯ブラシには幾ら掛かりますか?さらに配送する費用、人件費などざ っと考えても1本100円として、1200万円かかりますよね?そのお金はどうするのですか?」

とまあ、僕は営業マンの経験が長かったせいか、コストの計算をすぐ考えるのでした。Hさんはその辺がすこしあいまいで、結構いい話し合いになっていたと思います。

とにかくHさんの言わんとした事は一つは「リスクに完全に備えられるか」と言う事。
失敗して、それであとは借金背負って生きていく人生ではいけないと。失敗しても次に挑戦できる形で挑戦しなさいと。そして、もう一つは、既成概念に捕らわれないでものを考え、アイデアで勝負する事、です。

「例えば、矢田さんのお店に来ると、お金が儲かるとしたら、お客さんは沢山くるのではないですか?」

Hさんは言います。 僕は即座に、

「いや、そりゃそうですが、そんなの無理ですよ。僕の店では英会話を勉強して、お客さんからお金を払ってもらう店ですから」

「それは矢田さんがそう考えているだけですよね」

僕は常識で答え、Hさんはそれを既成概念と考えていて、それに捕らわれていたら、新しいアイデアは生まれない、と言いたいのでした。
Hさんの言わんとしている事は分かりました。しかし、考えても無駄な事に時間を費やしたくもないですし、もう僕のやりたい内容はかなり詳細にわたって決まっています。あまり聞く耳を持てませんでした。

「では、(それを)例えば、どうやったらいいんですか?」

僕はちょっと意地悪く聞くと、Hさんはちょっと考えてから、

「例えば、矢田さんのお店に行くと何かの仕事が待っている。僕の歯ブラシを作る事でもいいです。それをやる事で、英会話の授業がタダで受けられるような仕組みを作る訳です」

もちろん僕が細かい突っ込みをして、それが成り立つ訳はないのでしたが、Hさんはそのような発想をいろいろして見る事が重要だと言いたいわけです。
いろいろな話で、僕が何かについて「そんな事は常識的に考えて無理です」と言う度に、Hさんは、
「矢田さんみたいな人が多ければ多いほど、私の仕事は上手く行くのです」と言いました。

正直その時は、-(だったら自分でやって下さいよ。やってもらわない事には納得できないな。理系の人間は(実は僕もそうですが)自己満が多いからなぁ)-とか思っていました。
議論の折り合いが付かないまま、物別れ的に話は進みました。

「いや、矢田さんの創業が心配なのです」

そう言って、セミナーの最後の日に再びHさんは僕を喫茶店に誘いました。 またとても長い時間お話をして、基本的には変わらない話をしたと思います。
しかし、僕にはそれなりに面白かったので3時間も、4時間も話を出来たのでしょう。僕は後から少しずつ、Hさんの言われる事を理解して行くのでした。
それから1ヶ月たったいまだに、たまにメールを交換しています。
Hさんは来年に創業されるらしいです。

 次へ